独占欲が強い人妻

様々の人がユーザーとして利用する『人妻出会い系サイト』。運よく“まとも”な出会いを得られるユーザーもいれば、運悪く“まともでは無い”出会いを得てしまうユーザーも。今回は、後者の“まともでは無い”女性ユーザーと出会ってしまった、ある男性ユーザーのお話です。
ある男性ユーザー(以下Aさん)の自慢は、10戦10勝という負けなしの勝率。俺に落とせない女はいない!と、その日も人妻出会い系サイトでターゲットを漁っていたといいます。そうして選んだターゲットが、女性ユーザーBさん。Aさんはファーストメールを送信し、Bさんとの接点を得ることに成功します。
それからメールリレーが始まった2人ですが、Aさんは焦っていました。Aさんの戦法は、丁寧かつ紳士的なファーストメールに、同性をも虜にする顔写真を添付するというもので、これまで落とした10人の女性は、サードメール辺りで殆ど攻略完了していました。しかし、Bさんから返ってくるのはドライな反応ばかり。おまけに、いくら聞いても年齢や容姿を教えてくれません。さらに、BさんはAさんにこう告げました。「私を攻略できた人は、まだ誰もいないのよ」・・・Aさんの中で、別の火がともった瞬間でした。
以後Aさんは涙ぐましい努力を重ね、ついにBさんをデートに誘うことに成功しました。ファーストメールから今日に至るまで、実に7ヶ月。その間、AさんはBさん以外の女性と接点を持つことはありませんでした。それが、Bさんの狙いとも知らずに。
Bさんは非常に独占欲が強い女性で、自分以外の女に手を伸ばさないようにAさんの気を引き、縛り付けていたのです。さらに、Bさんは絶倫。Aさんは会うたびに窶れ、とうとうギブアップを申し出たといいます。7ヶ月掛けて攻略して、色々な意味で搾られたAさんは、そのまま人妻出会い系サイトから遠のいたと聞きます。

関連ページ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ